2021年6月20日

エサショウ

三重県ノリノリ釣り日記、営業時間はam2時から

弱いスナップも加工次第でルアー釣り最強スナップになります

ルアー最強スナップ

スナップってブランド品、一流メーカーでも
壊れるんですよ!

スナップって便利ですよね
取り替えるのだってスナップを開け閉めするだけで
ルアーもフックも簡単チェンジ出来ちゃいます

でもですね、上の写真のような取り付け方はダメ!
「スナップが魚とのやり取りで簡単に壊れるから」
手間でもスプリットリングをクルクル回して
ルアーに直接着けることをお勧めします

なーんてよく書かれていますよね
これって本当なの?
他の釣りで壊れないのに
ルアー釣りでは壊れるってのは
何か原因があると思いませんか?

でね、私は少しの加工をして使っているので
ここでちょこっとご紹介^^笑

ルアーって飛行中はこんな感じで
空を飛んでいるわけですね

ルアーは前にフックは後ろに向いた
飛行体制なのです
これを見て気づいたことがあります
それはスナップの切れ端にスプリットリングが
引っ掛かるのですね
これは投げた時だけでなく
ロッドをシャクって誘いを入れている時も
水中で同じようなことが
起こっている可能性があります

ここに引っ掛かった状態でフッキングをすると
スナップって簡単に壊れちゃいます
強度ってバランスが凄く大事!
実際にワザと引っ掛けて引っ張ってみると
スナップは簡単に破壊されてしまいました
これが青物やヒラメだったら
いわゆるバラシですね(^^;)

では対処法をココで伝授!

これでかなり防止できました
ペンチで簡単加工ですよ
実際に私はこれで青物70センチサイズをゲット
またエイと綱引きテストもして
強度を確認済です
ん?
どこを加工したのか分からない?
では加工前の写真を下に^^

これだけで全然違いますから!
試してみてください。
※ターゲット魚のサイズ、ロッドやリールの
タックルバランスによってスナップサイズを
選んでくださいね、
強度はバランスが大事ですから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.